きれいなまつげ

ビマトプロストとは、医薬品の名称です。もともとは眼科分野の医薬品で、緑内障治療や高眼圧症の治療のためのお薬とされています。この薬品は、美容の分野でまつ毛を育てるためのお薬と呼ばれるようになりました。

この別名の理由は、ビマトプロストによる作用にあります。
緑内障患者などがこの医薬品を使うことで、まつげが太く長く育ち量が増えることから、副作用例として多毛が指摘されるようになりました。この副作用を適応症として承認を取り、睫毛貧毛症治療外用薬としても発売されているのです。緑内障治療点眼薬と睫毛貧毛症治療外用薬は全く別のお薬のようなイメージがありますが、中身はいずれも同じビマトプロストです。

ここで、まつ毛に対する効果はどんな感じなのか知りたいという声が寄せられます。
1か月ほど使うことで、まばらだったものが太く育ったように感じられます。時間を追うごとに、まつ毛の毛先が伸びる・密度が高くなるというような効果が得られるようになります。
これまで、エクステやボリュームアップタイプのマスカラを多用してきた人も、自然なボリュームでアイメイクができるようになり、ファッションやメイク法が変わったという人も見られます。

ビマトプロストは、いつやめたらいいのかというような質問を寄せられることもあります。きれいに生えそろった頃や、納得できるボリュームが得られるようになったら使用をやめてもいいのかと思う人もいるようです。
このお薬の効果は、使用している時だけ得られます。使用をやめると元の状態に戻ります。時間の経過とともに細くて少ない状態に逆戻りするので、注意しなければいけません。
中には、なかなかきれいなまつ毛に生えそろわないという人も見られます。これは、正しい使い方をしていない可能性が考えられます。毎日1回使うことが育毛効果を持続させるための大きなポイントとなるので気を付けましょう。

ビマトプロストは自分のまつげを育てるためのお薬として日本でも認知されていますが。もともとは緑内障や高眼圧症を治療するための医薬品であること、その副作用を育毛のために適用したものであることを忘れないようにしましょう。正しい方法で使い続けることで、おしゃれを楽しみコンプレックスをなくすことができますが、一つ間違えると重篤な疾患になる可能性とも背中合わせです。効果が得られるといって、安易なコスメ感覚で使わないことを意識して、正しい形で使い続けましょう。